お客様本位の業務運営方針

当社は、以下のとおり「お客様本位の業務運営方針」を策定し、その内容を公表いたします。

お客様本位の業務運営方針

1.「お客様本位の業務運営方針」の策定・公表等について

日証金信託銀行株式会社(以下「当社」といいます。)は、証券市場の発展に貢献することを旨とする日証金グループの信託銀行として、信託および銀行の各業務を通じて市場活性化や効率化を目指すとの企業理念を追求することで、お客様が期待する健全な投資環境の実現に役立つことを使命としております。
これを実践していくには、もとよりお客様から信頼される信託銀行でなければなりません。これまでもお客様のニーズを誠実に受け止め、お客様のために何ができるかを真剣に考え、これらを業務の中で忠実に取り組んで参りましたが、今般あらためてこのことを徹底し、さらなる向上を図るために、以下のとおり「お客様本位の業務運営方針」を策定いたしました。なお、本方針については、その取組状況を定期的に評価し、より良い業務運営を実現するため見直してまいります。

2.お客様の最善の利益の追求について

当社は、信託業務をはじめとする金融サービスの担い手として自らに負託された信頼の重みを正しく自覚し、常にお客様の立場を第一に考えた営業の徹底に努めてまいります。具体的にはオーダーメイド型信託銀行として、お客様の多様なニーズを丁寧にお聞きし、お客様目線に沿った良質な商品・サービスの提案、提供に努め、お客様の大切な財産をお守りし、お客様の最善の利益を追求してまいります。

3.利益相反の適切な管理について

当社は、お客様との取引開始時等必要の都度、委員会組織においてお客様の取引が利益相反の対象となるか慎重に判断のうえ、当社および日証金グループ会社が提供する金融サービスにおいてお客様の利益が不当に害されることのないよう適切な管理に努めております。なお、当社は日証金グループ会社が提供する金融商品・サービスについて、手数料等報酬を受け取って販売することは行っておりません。

4.手数料等の明確化について

お客様目線に沿った良質な金融商品・サービスの提供には、その対価である手数料・報酬についてお客様に十分ご理解いただく必要があり、そのことが当社への信頼に繋がると考えております。当社は、競合する数多くの金融商品・サービスの中から当社の金融商品・サービスを納得して選択していただけるよう、積極的に手数料・報酬の情報を提供してまいります。

5.重要な情報の分かりやすい提供について

当社は、お客様との取引に際し、お客様の知識、経験、財産の状況および取引目的を十分に確認のうえ、当社が提供する金融商品・サービスについて分かりやすく丁寧な説明に努めてまいります。また、定期的にお客様が必要とする取引状況について適切にご報告いたします。

6.お客様にふさわしいサービスの提供について

当社は、これまでに培ったプロフェッショナルな知識や経験をお客様に役立てていただきたいと願っております。画一的な商品・サービスの提供にとどまらないよう、お客様の声を誠実に受け止め、お客様の立場に立った商品・サービスを一つひとつオーダーメイドで提供することを心掛けております。

7.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等について

当社は、お客様のニーズに即した適切な金融商品・サービスを提供できるよう、取引開始に向けたお客様との面談を可能な限り記録に留め、速やかに所属部門長および経営に報告することを徹底しております。当該記録書面により、お客様の利益が不当に害されていないか確認することは勿論、お客様にとって喜んでもらえる金融サービスを提案・提供しているかを組織的にモニタリングする体制を整えております。
このような取組みの中で、取引実績の多寡だけに着目するのではなく、真にお客様の立場に立った営業が実践されているかを丁寧に評価する体制としております。
また、お客様の最善の利益を追求できるよう、研修などを通じて従業員の専門知識の向上を図るとともに、適切なガバナンス体制を確保してまいります。

商号:日証金信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第632号